皮膚科

富田林病院皮膚科の特色

富田林病院皮膚科は皮膚がんの治療を最重点項目として、診療をおこなっております。

また、地域の患者さんのニーズにこたえるため湿疹皮膚炎群や皮膚の感染症などの治療にも積極的に取り組んでいます。

    富田林病院で診療可能な皮膚疾患
  • ●皮膚悪性腫瘍
    悪性黒色腫有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)基底細胞癌(きていさいぼうがん)
    ボーエン病、パジェット病、日光角化症(にっこうかっかしょう)など
  • ●皮膚良性腫瘍
    脂漏性角化症、脂肪腫、血管腫 など
  • ●湿疹皮膚炎群
    アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、接触皮膚炎、貨幣状湿疹 など
  • ●水疱症
    尋常性天疱瘡、水疱性類天疱瘡、表皮水疱症
  • ●皮膚の感染症
    細菌(バクテリア):せつ、癰(よう)、蜂窩織炎、丹毒(たんどく)など
    真菌(かび):足白癬(みずむし)、体部白癬、頑癬(たむし)、カンジダ症 など
    ウイルス:口唇ヘルペス、帯状疱疹、陰部ヘルペス、尋常性疣贅 など
  • ●その他
    尋常性乾癬、掌蹠膿疱症など

また、富田林病院皮膚科には本邦における皮膚科学の歴史を知るうえで貴重な資料もあります。これについても紹介させていただきます。

メニュー


  • 皮膚科の特色

  • 手術実績

  • 皮膚がんとは

  • 皮膚がんの特徴

  • 診断方法

  • 皮膚がん検診

  • 日本の皮膚科学の歴史

  • スタッフ紹介