皮膚がんの診断方法

皮膚がんの診断は、まず、視診と触診です。
経験に照らして、多くのがんは視診だけで診断がつきます。もちろん、がんかどうかがわからないこともあります。
そんな時は、先に紹介したダーモスコピーが非常に有用です。その他、エコー検査やCT、MRIなども駆使して診断にいたることがあります。しかし、最も重要な検査は病理検査です。病変の一部を切り取って(小豆粒くらいです)、顕微鏡で観察します。 顕微鏡では、病変の元となってる細胞の形態や、その集合様式までもがわかります。どうしても小さな傷が残ってしまいますが、こうすることで正しい診断に至ることが多いです。

皮膚がんの診断
トレパンと言う器具です。
麻酔をした後、円形に病変をくり抜きます。
摘出したサンプルを病理検査に提出します。
顕微鏡で観察します。

メニュー


  • 皮膚科の特色

  • 手術実績

  • 皮膚がんとは

  • 皮膚がんの特徴

  • 診断方法

  • 皮膚がん検診

  • 日本の皮膚科学の歴史

  • スタッフ紹介
▲ ページTOPへ ▲